2014年9月17日水曜日

WW2 Young Red Army Infantryman (Life-Miniatures,1/10,Bust)#レビュー

ライフミニチュアズのレジンフィギュアです。造型と塗装見本はSang-Eon Lee氏。
アナウンスで一目見た瞬間から、これは間違いなく傑作バストモデルキットであると感じました。
ライフミニチュアズの製品ということで造型、キャスティングは安心出来る上、何よりもまずフィギュアのテーマがバストモデルという形態と非常に相性が良いものだと感じたからです。
バストモデルは1/10前後の比較的大きなものが多く、また上半身を切り出した形態故にフィギュアの表情へ注目は自ずと集まることから、含みのある表情を描き込み、尚且つそれをよく見せることが可能となります。
(全身像である)小さなフィギュアの場合は表情は二の次、まず身振りが主役であることから、バストモデルには従来のヒストリカルフィギュアにはなかった魅力を感じております。






それでは、今回もレビューしていきましょう。
造型は起伏がなだらかな印象ですが、骨格や顔のパーツはわりとはっきりしています。
ただし、表情についてはその限りではありません。これは、表情をどのように表現するのか、ペインターにある程度任せているとも言えるでしょう。あまりにもはっきりとしない表情なのも困りますが、逆に造型の時点でやたら表情がはっきりしていると、仕上げた際に幾らかわざとらしい表情になってしまうため、塩梅が難しいところだと思います。



バストモデルにはその形態故に支柱が必要となりますが、大抵のバストモデルキットにはこのような支柱が付属します。

シワの造型が秀逸です。1/10でもここまで繊細に衣服を表現してくるものは少ないです。
繊細さ故に筆さばきも難しくなりますが、丁寧に描き込むと効果は絶大です。

 ヘルメットは縁が非常にシャープです。破損には注意でしょうか。


造型のシャープさを保つ為に雑嚢の一部は分割してあります。
アゴ紐も欠けが見当たらない完璧なキャスティングです。恐るべし。

手の造型もまた実に見事です。十字架も一体成型されていますが、いちいち別パーツにされても困るのでこれがベストでしょう。





















流石に紐だけは追加工作する仕様となっております。きちんと金属線がキットに付属するのも嬉しい配慮です。

以上がキットの内容となります。これは是非とも気合いを入れて製作したいフィギュアですので、考えがまとまってからスタートしようと考えております。

それではまた、See you soon.

3 件のコメント:

  1. 私も近々これを手に入れる予定です。なかなかチャレンジングなものになりそうです。

    返信削除
    返信
    1. >Kazufimiさん コメントありがとうございます。Kazufumiさんもこのフィギュア購入される予定とのことで、製作を手掛けられるのが楽しみである一方、私のほうもあまりぼやぼやしていられないなと思いました。先にKazufumiさんの作品を見てしまうと、衝撃のあまり製作が手に付かなくなってしまいそうだからです(笑

      削除
    2. いやいやとんでもない。ここ最近の佐野さんのさらなる進化ぶりは驚くばかりです。もともと非常に高い技術とセンスを持っていると思ってますが、技術的にさらに磨きがかかって来た感じです。
      お互いにスタイルや使う塗料が違うのもかなり良い刺激になっています。

      削除