2014年9月24日水曜日

U.S. Infantry Officer (The-Bodi,35020,1/35)#レビュー

ザ・ボディのレジンフィギュアです。ロゴを見ると、メーカー名はどうやらスカルプターの「bodi」氏と英語の「body」をかけている様子。
スカルプターはKrisztian Bodi氏。
ボックスアートはJean Paul Dana氏。
それでは恒例のレビューをしていきましょう。

















造形とキャスティングが実にシャープで好印象です。他のフィギュアだと勝手が違うのかもしれませんが、装備品類は可能な限り胴体と一体成型でキャスティングされています。案外、このスケールではそちらの方が作り易い局面もあり、このフィギュアの場合は有難い処置だと思います。
レジンはバーリンデンやモデルセラーと似た物が使われている様子。これらのレジンは硬質で柔軟性に欠ける為、割れ易い特徴があります。個人的にはちょっと苦手です。








































タバコもしっかりとキャスティングされていますが、保存性を考えると真鍮線へ置き換えたほうがよいでしょう。






































ヘッドはボックスアートを見るとかなりクセが強そうなのですが、造形だけを見るとそうでもない様子。クセは多少あるものの、割とバランスよく作られています。

















個別にキャスティングされた装備品は水筒のみ。作り易い構成のフィギュアとなっております。

以上がキットの内容ですが、造型、キャスティング共に優秀なメーカーだと思われます。ザ・ボディはハンガリー軍(戦車兵)関連のフィギュアも多数出しておりますので、独自のラインナップも魅力でしょうか。今後も注目していきたいところです。

それではまた、See you soon.

















0 件のコメント:

コメントを投稿