2014年9月15日月曜日

1/35 武装SS戦車兵 下士官 大戦後期 A(アルパイン,35045)#1

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
先日は外国(特にアメリカ合衆国)からのアクセスを多数頂きました。日本よりも外国からのアクセスが多かったです :-O
そこで、翻訳ツールを設置しました。意味が通じるように簡素な文章を考えています。

さて、今日はこちらのレビュー したフィギュアを製作していきます。
先日完成させたフィギュアと対になっている存在です。
先ず、眼球の造型を削ります。次に、タミヤのエポキシパテで新たに眼球を造型します。描き込み易くなるように、平らな造型にしています。
















アルパインのフィギュアとしては珍しく、造形に欠損が生じていました。しかしながら、欠損箇所は少なかったので修正は容易でした。

















フィギュアの成形が完了したら、黒と白のサーフェイサーを吹き付けます。頭と腕のパーツは、接着してしまうと塗装が難しくなります。接着は塗装後となります。
















今回はヘッドを中心に塗装を進めていきます。



















先ず、タミヤエナメルで下塗りをしていきます。色は、白、黄、赤、茶の4色を使います。一通り塗ったら、ラッカーのクリアーでコートします。(半光沢)

















一度目の下塗りと同じように、二回目の下塗りも4色を使って塗っていきます。完了したら同様にラッカーのクリアーでコート。

















 下塗りは三回繰り返します。「下塗り三回」



















下塗りが完了したら、紫、黒を加えてシェイドを暗くします。これにより、ハイライトからシェイドの幅が大きくなり、立体感が生まれます。
白目の大きさが左右で異なっています。これは私のミスですが、1/35のスケールでは修正が難しいので、いつも完璧というわけにもいきません。














左右で白目のサイズが異なるため、黒目も大きさが揃いません。しかしながら、虹彩と瞳孔を描き込むことで、違和感は幾らか緩和されます。
この状態から、虹彩、瞳孔、ハイライトの順番に描き込みを完了させたら、細部を塗り分けて完了です。














今回は大戦後期の兵士を想定し、傷の描き込みを加えてみました。この項目ではヘッドの塗装を中心に進めていきましたが、他の肌の表現も塗り方は同様です。また、左手には指輪が造型されているので丁寧に塗り分けておきます。

以下に、殆ど仕上がったヘッドの状態を掲載していきます。
それじゃまた、See you soon.





0 件のコメント:

コメントを投稿